本年は、ムガシルクの座繰りや芭蕉の糸積みにも
挑戦んし様々な素材の可能性を感じながら
ものづくりに励んでいます。
ジャガード柄の服生地で表情豊かな布も揃います。
ヒマラヤウールは草木で染めて、かけ布や腰巻きの
差し色に。ご来廊をお待ち申し上げます。

立山町在住の船見康雄さんは山で天蚕を育て、絹糸を採り
「天蚕布衣」を作りました。一点ですが展示致します。
山を愛し花を愛でる現代の「花咲か爺さん」のような方です。
併せてご高覧頂けたら嬉しいです。