Category: イベント
Posted by: nao
6月25日(土)〜7月3日11:00-18:00  (6/29休み)

オープニングレセプション:24日 18:30-20:00
food担当:食と風景の設計室 ホー (森)
参加費:¥2000円(要申し込み) 先着30名様
(カワモト090-4326-0945)

石原亮太:陶磁器デザイナー・陶磁器作家
プロフィール
1983 長崎県波佐見町生まれ
2005 ドイツ芸術デザイン大学留学
2006 佐賀県立有田窯業大学卒
2013 pebble Ceramic Studio として独立

2006高岡クラフトコンペ蝋山昌一特別賞
2007   〃         奨励賞
現在全国で個展を中心に作家活動

Category: イベント
Posted by: nao
とやまの工芸SENGOKU散歩VOL.1
2016 6月10日(金)〜19日(日)15(休み) 11:00-18:00
後援:北日本新聞社 千石町通り商店街 おおてせんごく風鈴ストリート
6月に富山市千石町に、主に刀剣展示の「森記念秋水美術館」の開館を
記念してとやまの工芸を紹介いたします。
千石町=SENGOKUを散歩するようにお楽しみください。
【出品者】 梅田かん子(磁器) 桂樹舎(手漉き和紙) 田中孝明(木彫)
頓所眉山(根付) 中山裕晃(高岡銅器) 橋本千毅(漆工芸) 
林裕子(とんぼ玉) 米澤千賀子(とんぼ玉)
モメンタムファクトリー・Orii(銅発色製品)
特典:5,000円以上お買い上げの方に桂樹舎の[栞セット]をプレゼント!
Category: イベント
Posted by: nao
2016年5月14日(土)〜22日(日) 11:00-18:00
作家在廊日:14日 ギャラリートーク:14日午後2時ー3時
ギャラリートークでは、コアガラス作品の背景や技術について、
使っている芯やガラスパーツをお見せしながらお話しようと思います。
色彩豊かで繊細な装飾ができるコアガラスの魅力を感じにいらしてください。


Category: イベント
Posted by: nao
次回の展覧会です。
2016年4月26日(火)〜5月2日(月)
初日は11時〜随時 古渡更紗についてのお話会を開きます。
是非ご参加ください。
後援:北日本新聞社
《古渡更紗柄の復刻》
桃山時代から江戸時代にかけて海を渡り輸入されていた
古渡更紗を当時の技法で再現しました。
更紗の故郷であるインドでは現代でも木版を用いた染の
技法が受け継がれています。
現地の工房と提携し、新たに木版を彫り古渡更紗の再現
を開始してから5年経ち、現在40種類以上の柄が揃い
ました。他に友禅更紗ジャワ更紗、国内作家による木版
更紗の帯、日傘やバッグなども展示します。
ご高覧のほどお願いいたします。

Category: イベント
Posted by: nao
2015.10/17(土)〜25(日)  休廊:21日
土を耕し、種をまき、木を植え、染料植物を育て
糸を染め、織る。
自然の恵と人の知恵と手わざを拾い集め、暮しの中で
心地よい衣や布づくりを目指しています。
その風合いに触れ、身に纏ってみることで、一枚の布の
背景にある空気を感じていただけたらと思います。
秋色ストールを中心に、あたたかなヒマラヤウールを使
ったカーディガンや腰巻き、ケープベスト、定番の平織り
ウール×シルク生地でパンツやゆったりとしたブラウス、
チュニックなど合わせてご紹介します。
Category: イベント
Posted by: nao
2015. 10/1(木)-7(水)
和地一風/頓所毘山
以前、大英博物館で収蔵されているのを
見たことがきっかけで興味をいだいていました。
根付の現代作家はプロとして活躍している
方は少ないそうです。
江戸時代に花開いた日本の文化をもう一度
見つめてみませんか?
Category: イベント
Posted by: nao
2015.10/9(金)ー12(月)
亡き山室先生の思いを引き継いで、8名それぞれの
トンボ玉の世界を作り上げました。
技術はまだまだですがご高覧いただきますよう
お願いいたします。
Category: イベント
Posted by: nao
8月21日(金)〜9月3日(木)11:00-18:00
松島 巌 佐藤 透 小暮 紀一 
宮下 僚子 竹内 大祐 秋葉 絢 
この度、コアガラス研究の第一人者である松島巌先生の
ご協力を得、6人のコアガラス展を開催いたします。
8月22日オープンの「富山市ガラス美術館」の完成を共
にお祝いし、古代ガラス技法の研究から始まった現代の
コアガラスの魅力をお楽しみ頂きたいと思います。


Category: イベント
Posted by: nao
4月24日(金)〜30日(木)
11:00ー18:00(最終日17:00)
作家在廊日:4/24−27
今回は長い作家活動の中で初めてパステルカラーを
取り入れました。持つ人を美しく見せるシンプルモ
ダンなデザイン。ヌメ皮使用し手縫いによる丈夫な
縫製は長く使い込むほど風合いが増します。
こだわりの紳士bagも是非会場でお確かめください。
フルオーダー、セミオーダーもご相談ください。
関野義久
Category: イベント
Posted by: nao
2015.4月10日(金)〜16日(木)
富山県高岡市生まれ
愛知県立窯業訓練校卒業
氷見市で作陶活動に入る
高岡市に工房を移す
*戸島さんの器に触れるとふんわりとした
柔らかさを感じます。それは土や釉薬をを
作り形成した後、釉薬を生がけすることで
生まれる一体感なのかもしれません。
また、使うと器が育っていくのも楽しみです。
ご高覧のほどお願いいたします。